カタカナ用語での長音表記「ー」の使い方

エントリーにて、「フォルダーサイズを――」というタイトルを書いていて、ふと思った。

「フォルダー」
「フォルダ」

「エントリー」
「エントリ」

さて、どっち。

個人的には、長音省略のほうがしっくりくる
今でいう「パソコン」を「マイコン」と呼んでいた古い時代からのコンピューターユーザーだからというのもあるし、根っからの理系脳だからというのもある。

理工系では当たり前に省略されてきた長音表記なのだが、コンピューターがここまで一般に普及していくと、その狭い世界でのルールというのも一段下げて平らにならさざるをえないのだろう。

マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について
これまでマイクロソフトでは~~「2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は(長音符号を)省くことを “原則” とする」~~今後は、より自然な発音に近い表記を採用します。
今後弊社が採用する長音表記ルールは~~英語由来のカタカナ用語において、言語の末尾が–er、-or、-ar などで終わる場合に長音表記を付けることを推奨しています。

このマイクロソフトの指針発表が大きなきっかけになったことは間違いない。
英語教育の観点からも、カタカナ表記の正確性というのは重要視されるべきだろう――と、英語が全くできない自分がいうのもアレなのだが。

Impressの記事でも、

「フォルダ」が「フォルダー」に、マイクロソフトが長音表記を変更
マイクロソフト、外来語カタカナ用語末尾の長音表記を変更へ

こんな感じで取り上げられつつ、

今回の表記変更により、「コンピュータ」は「コンピューター」に、「プリンタ」は「プリンター」に、、「フォルダ」は「フォルダー」に変更される。なお、「ソフトウェア」「スケジューラ」「プロセッサ」などは慣例に基づいて長音表記はつかない

とあるが、intelのウェブサイトでは、その慣例なんぞガン無視
もはや長音表記省略など古風な表現だとでもいわんばかりの長音付きまくり
最先端テクノロジーを提供する会社としての在り方というか――社風というか、この潔さはさすがだなと感じさせられる。

こう書いていると、権威主義・迎合的な話のように思えるが決してそんなことはなく、むしろ自分なんかはインデペンデントそのものな体質なわけで……がしかし、カタカナ用語を使う度にいちいち長音のことについて悩み無駄な時間をつかうのは嫌なのだ。

IBMNECは逆に歴史を重んじるというか――引きずっていそうなイメージがあるのだが、ちょっと調べてみると……
IBMは意外にもintelと同じく慣例なども無視で長音付き。
そして……NECは…………
日本企業の埃臭さここに極まる、か。
削れる長音は全て削ってしまえ、と。

ウェブサイトの構成上の問題もあるだろうし、海外の企業は英語版などの本稿から翻訳する形で日本語版サイトを管理しているだろうから、必然的に丁寧な仕事となるのは当然か。
それにしてもだ、NECって……

NECだけを槍玉にあげるのもアレなんで、Panasonic(松下)とSONYも確認。
まあどちらも似たり寄ったりで、NECよりは若干ましかなという程度……

そんなことより、日本のエレクトロニクス大企業のウェブサイトのダメっぷりは酷いもんだ……
こうしてあらためてじっくりと眺めてみることなんて滅多にないのだけれど、そのボリューム感はたっぷりしたものがあるのだが、とにかくデザインが○○なのと、サイトの構造からして○○○すぎる。
テキストの推敲不足は仕方ないにせよ、メニュー構造くらいはなんとかしましょうよ……

なんだかなあ……

フォルダーサイズを表示したい 「Folder Size」

ファイルやフォルダーの整理をしていると、「フォルダーのサイズが分かればなあ……」と思うことしばしば。
サイズが知りたいフォルダーを、[右クリック]>[プロパティ]でサイズの確認はできるものの、一覧で見られるわけでもなく、2アクション+1が必要となり面倒。

Windows標準のファイラーであるエクスプローラーを捨てて、他の多機能ファイラーに乗り換えるという根本的手段もあるのだが、やはり使い慣れたエクスプローラーでやれるに越したことはない。

それを実現するのが、Folder Sizeどーん。
まあこれは定番物で。

窓の杜 - Folder Size
GIGAZINEはTBを受け付けてくれないのでサヨウナラ……
と、各所で紹介されており。

気になる点は、大量のファイルが放り込まれているフォルダーのサイズを確認する場合、プロパティでの確認時と同様にHDDをガリガリ……と。
その点だけを注意すれば、かなり有用なエクスプローラー拡張で。

それと、ファイル数の表示なんかも可能で、これも便利。
子孫ファイル」って……

エクスプローラーネタついでに1つTipsを。

エクスプローラーの「詳細」表示で、[名前]や[更新日時]なんかをポチると、ソートが可能なのはまあ当然ながら、その表示幅ももちろん可変であり、[| 名前 | サイズ |]なんかの仕切り縦棒をD&Dして調整する。
――で、そのD&D調整よりも、縦棒をWクリックすれば上手いこと可能最小幅でジャストフィットしやがる。
これを知っておくと、A型の人はスッキリ。

1年半と3日ぶり

懐かしくなって昔の曲を探しているんだけれど、なかなかみつからないもんで……

プレイヤーに放り込めばすぐ鳴らせる状態の2mixファイルは、Yahoo!ブリーフケースに放り込んでおくのが俺流だった。
そのYahoo!ブリーフケースは、つい先日無料サービスが打ち切られてしまった……
そんな……

ローカルにあるファイルは、もう使っていない旧PCのHDDに入れっぱなしで、データの整理もバックアップもほとんどせずに放置。
おまけに、DAWのプロジェクトファイルまんまだと、今の環境で音に復元するのは難しい。

――かろうじて、誰かに発射したメールの添付ファイルから何曲か掘り起こせた。
(10年前のメールもちらほら……)
にしても、視聴用なので強めに圧縮をかけているから音質は最悪……

ふと気が向くと、古い曲たちをこうして聴きなおし――ときには修整やらリミックスやらもおっぱじまって、細かいバージョンはどんどん積み上がっていく。
些細な変化かもしれないが、ときには別物になるほどいじることもある。
で、視聴用のメール添付ファイルたちは、なんだか妙にバージョンが若い
これはこれで懐かしさ倍増の一興。

俺の息子と娘たちは、俺以外の誰にも――愛されることなく、一点の穢れなき純潔のまま――永遠の眠りに……
その墓標すらまともにつくってやれず……

Paper Size 透けぇる

A判、B判、F判の各サイズの比較・確認ができるFlashプチツール。
名付けて、「ぺーぱーさいずすけーる!」
透かして重ねてサイズ比較がしたかったので、「透けぇる」っと……

paper size scale sub-image

実際のmm数と画面上のpx数を1/10(1mm=0.1px)で表示していたが、ウェブ用にさらに1/2(1mm=0.05px)に縮小。
切りのいい表示にしているからといって、これがそのまま実際の紙サイズの目安にできるわけではない。
我々の使っているモニター画面は、1px(1ドット)が1mm以下なので。

このFlash内で実際のサイズの目安となるのが右下にある◎(丸)で、これはCDの大きさ直径12cmの円となっている。

A判、B判、F判それぞれに色がついていて、それと同じ色の●をポチると、なにやら無駄な動きとともに90度傾けられる。
あとは適当にD&Dしたり。
説明終り。

紙をバラバラに表示したり、実際に落書きできたり、CD以外にももっといろいろ対比物を増やしたり、カラーチャート機能とか、やりたいことは沢山あるのだが、時間とモチベーションが……

げつイチゴ

今、月15が熱い!

15:15 ステレオ文字放送爆笑問題のニッポンの教養再放送 「イスラム・世界・ニッポン・歴史学・山内昌之」
15:45 ステレオ文字放送星新一・sHORTショート再放送 魔法の大金▽見失った表情▽ある一日

俺のために組まれたかのような番組編成。
NHKやるじゃないか。

Firefox3.0.8をインストールする

なにを今更……という感じではあるが、Firefox 3へのアップデートを実行した。
既にサポートが打ち切られているFx2をここまで使い続けるというのは、我ながらにいささか問題であり、2008年のうちにFx3へアップデートしておくのが正しい大人の行動といえる。

で、ここまで引っ張るとニューバージョンであるはずのFx3であっても、それなりに完成された状態から使い始められるという爽快感がある。
Fxではアドオンで自分好みにカスタマイズできるというのが大きな利点であるが、こうしたメジャーアップデートに関しては、アドオンの追従が足枷になることが多い。
ギリギリまで旧バージョンを使い続けた背景には、こうした思惑もあってのこと。

ほかにも、こうして新たなウェブアプリケーションであるSoyCMSなどを使い始めると、その動作や対応に合わせた今の時代の環境を当てはめていく必要性に迫られる。
……というか、ちょっとJavaScriptの動作がやばいなと、重いなと、その後にChromeなんかで開き直したときのキビキビ感をみるに、いいかげん潮時だなと。

まだFx3をインストールしたばかりなので、細かい使い勝手の部分なんかはこれからじっくり楽しみながら吟味していこうかなと。

アドオン、Internoteが未対応でdisableに。
これは痛い。

確認しておきたいメモがいくつかあったので、データサルベージ開始。
C:\Documents and Settings\~\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\~\chrome\stickies
発見。

これがあるからアップデートは手放しで喜べないもの。

1年半ぶりの音楽

あれからもう1年半が過ぎ去ってしまったのか……

そうだ、ちょうど去年の今頃から体調を崩し、GWをまたいでの通院生活が始まってしまった。
小さな歯車が1つ2つ外れただけなのに、職探しも、創作活動も、全てが絶望に変わった。

1年半前、あの曲を最後に書きかけたまま――なにも次に進むことなく、カレンダーだけが破り捨てられた。

左耳は怠けることなく、不快な鳴き音を脳に送りつけてくる。
そんな虫について、医師たちは皆、分からないと投げた。
こんな怠け者の俺の耳のくせに、ずいぶんと真面目なやつだ。

気分転換に――と、読書や絵の時間が増えても、結局は沈みゆく船の上でのあがきでしかない。

苦痛には慣れているし、我慢は得意だ。
でもそれは、その先に確実な解放が約束されているからこそなのだ。

永遠の闇は、死と同一の苦しみ以上の辛さがある。

久しぶりに音楽について考えた。
Do As Infinityが楽曲募集しているのをみて、自分が音楽人であることを思い出した。
でも今の自分の状況やブランクを考えると、ただでさえ遅筆なわけで……超短期書きはまず無理だろう。
鉛筆と五線紙さえあれば曲は書ける――と強がっても、この身のありさまからすれば冗談にもならない。
そもそも楽譜で会話する世界ではないのだから。

まえに書いた曲のファイルたちが、どこかのサーバーにアップしてあるはずなので、その残骸を探しまわってみる。

音は古いのだが、音に頼るような作曲スタイルではないので、特に問題なし。
打ち込みバリバリのデジデジしたインスト物は、さすがに厳しい。
2~3曲、歌物のバンドアレンジなやつをチョイス。
パラでいじれるファイルではないので、この2mixでやれることといったら、軽くマスタリングで音調整するくらいか。
っていうか、wmaファイルだから……どうしようもない。
とりあえずmp3指定なので、エンコードし直して発射。

金も機材もなんも無いんで、こんなことしかやれない悲しさ……

SoyCMSいじり

SoyCMSが生成するURLはカスタムエイリアスでいじれるのだが、やはりブログエントリーのURL生成は、エントリータイトルからではなくエントリーナンバー(ID)からにできないものかと。

マニュアルもそれほど読みやすいとはいえず……というか、サイト検索がないので目的地を探すのに苦労してしまい、さらに、その目的地自体が存在しなかった場合、無間地獄にハマるという……

昨日も今日も、きっと明日も……

――で、行き着いた先に旧マニュアルサイトがあって、そこに“entry_link”なんかの説明があったのだが、そこでもURL生成についての説明はみつからなかった。

やはりフォーラムで聞いてみるしかないのかなあ……
まだユーザー同士の交流で教えてもらえるという状況にはなっていないようなので、関係者の方々の負担になってしまうだけの細かい質問はなるべく控えたいのだが。

そんな感じ。

SoyAppのSoyBoardいじり

SoyCMSに掲示板を追加できるという、SoyBoardを試す。

作られた掲示板の1つが、2chでいう1スレッドのように動作するっぽいみたいな。
管理画面のほうがスレ一覧みたいな。
変更できるのかどうかまだ分からないけれど、投稿(レス)が昇順なのでモロ2chっぽく感じる。
一般的な掲示板は降順になっていて、レスが積み上がるように、古い投稿は下へ下へと消えていく。
ブログも同じく。

とりあえずトップページの一番下にリンクしておいた。
ぼやっきぃ

そんな感じ。

SoyCMSのブロックいじり

先日の“追加”から引き続きブロックいじり。

トップページにブログエントリーのタイトルを3つ表示させたところに、日付も加える。
そのフォーマットが気に入らないので――というか、ブログと同じ(Y.m.d)にする。

まだCSSをいじっていないので地味ヘンドリクスッピン状態なのだが、動的部分を固めないことには化粧ものらない。

いろいろ調べてみると、どうやら細かいネタは開発ブログのほうに書かれているようで……

 <p><!-- cms:id="title" --><!-- /cms:id="title" --></p>
のように書くこともできます。マニュアルには未記載で申し訳ないのですが、これを次のように短縮して記述することができます。
 <p><!-- cms:id="title" /--></p>

本格的なテンプレート制作を始める前に知ってよかった……

それと、ここで開発ブログへのリンクを張るときに思ったのだが、パーマネントアドレスの扱いについて。
該当記事下部にトラックバック用のアドレス表示があって、いわゆるこれがパーマネントアドレスであり、そのケツに付属する数字がユニークIDということになる。
あれこれ考えたことのある者ならば、これがパーマネントアドレスとして使えそうだと理解するのは容易いだろう。
しかし、多くの一般ユーザーにとっては、記事タイトル部分のリンクや、ブラウザーのアドレス表示をパーマネントアドレスとして認識してしまうのではないかと。
いや、普通はそうなる。

SoyCMSで見られる標準的なアドレス指定は、記事タイトルまんまをケツに並べたものとなり、カスタムエイリアスで毎回ユニークなアドレスを指定しない限り、この呪縛がありそうだということ。
投稿者のアドリブ力が試される。
同一タイトルであった場合も悩みの種となる。

CMSが勝手にユニークIDを付けるのだから、それを利用できる形にしておくほうがなにかと都合がいいと思うのだが……
カスタムエイリアスの仕組みにもう一工夫欲しいかなと。

実際に開発ブログの該当記事は……
http://www.soycms.net/blog/article/45
http://www.soycms.net/blog/article/block:idやcms:idの書き方、PHPコードを書く場合の変数
http://www.soycms.net/blog/article/block%3Aid%E3%82%84cms%3Aid%E3%81%AE%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9%E3%80%81PHP%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8F%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%95%B0
この3つのアドレスが同居してしまう。
1番目はトラックバックにも使われている、ユニークIDの45が付いたパーマネントアドレス。
2番目は記事タイトルまんまが付いた、ちょっとやばいアドレス。
3番目は記事タイトルのやばい感じを解消したアドレス。
だがしかし、解消したとはいえ、その長さが……やばい。
超追記 2009.5.1:ここでの「やばい」という表現は主観的なもので、技術的意味を特にさしてるものではありません。 URLに2バイト文字が入ることを感覚的に「ちょっとやばい」と思ったりするのはモロ主観です。 昨今のウェブブラウザーやウェブアプリ・サービス、処理系は上手くやってくれることが多くなりました。 でも、2バイト混じりのURLを上手く処理しきれないメジャーソフトウェア(ん~、長音が……)は結構あります。 WindowsというOSもその1つです。 文字コードの問題でもありますが、基本的に英字(ラテン文字系)の国では2バイト文字を軽視しています。 ユニコード時代になってきたとはいっても、やつらにとっては1バイト文字さえあれば生きていけるのです。 我々にとって右から左に流れる文体がほとんど必要ないように――意識することすらないように、彼ら1バイト国にとっては、どこかの1島国・民族・言語である2バイト文字など、あってないようなものなのです。 漢字はデザイン的にアジアンテイストなものとして好まれますが。 このへんの事情は一度じっくり考察してみたいなと)

ブログエントリーに関しては、カスタムエイリアスのデフォルトをユニークIDにできるといいし、もっと細かく指定できるような仕組みにしてもいいし、だったらWordPressを使えと……

餅は餅屋か。

そんな感じ。

あと、SoyCMSは、SOY CMSという表記が公式らしい……そんな。