SOY CMS のデータバックアップついでに SQLite.db を最適化する

SOY CMS ネタをこのブログで書くのは一年以上ぶり……。
その間、SOY を全く触っていなかったわけではなくて、主にメンテをするだけな感じで、これといって先っちょを追っかけることはしていなかったというだけ。

と、そんな前振りは三行で切りあげて本題へ。
保守・メンテにおいて最も重要だと思われるのは、データ類のバックアップだ。
SQLite版なら基本的には sqlite.db のコピーを大切に保管しておけばいい。
詳しくは、SOY CMS オフィシャルサイトの、
http://www.soycms.net/product/download
バージョンアップ方法」に書いてある、
common/db以下」と「サイトディレクトリの.db以下」をバックアップせよ、と。

まあそれは当たり前に保守作業として常日頃からやっていることなのだが、ちょっと気になったのが、我がウェブサイトデータが詰め込まれた sqlite.db のファイルサイズが 6.7MB と、メタボ感。
記事数は 54件で、ページは 10 前後。
コメントや TB は皆無なのを総合的にみても、6.7MB はちょっとデカイ。
一番の心当たりは、過去に TBスパムを~万単位でくらっていたので、その頃に DB がエージングされまくったのは間違いない。

というわけで、SQLite の最適化・ダイエットを決行する。
SQLite の最適化には、TkSQLite を使用。
http://reddog.s35.xrea.com/wiki/TkSQLite.html
ダウンロードをポチって、下のほうにあった Win32 のをゲット。
http://reddog.s35.xrea.com/software/tksqlite-0.5.8-win32-bin.zip

解凍して出てきた tksqlite.exe をポチチって起動。
sqlite.db を開いて中のデータを覗き見しつつ、ちょっと動作が鈍いな……なんて思ったり、Tk だからかな……なんて知ったかぶり感。
メニューから VACUUM をポチる。
処理は一瞬。

sqlite.db のファイルサイズを確認すると、6.7MB から 2.33MB にまで最適化されていた。
生まれ変わったこいつをアップロードして、ブラウザから我がウェブサイトをポチポチ巡回してみる。
念のためキャッシュも削除して、またポチポチ巡回してみる。
OK牧場。

最後に、この投稿にて、最終動作確認とする。

Google Chrome のスクロールを滑らかに

Google Chrome のスクロールを滑らかにする拡張機能 SmoothScroll を試す。

Chrome のスクロールは流れるような動作ではなく、一定の高さ(行数)が瞬時に飛ぶだけのシンプルな動作なので、長文を読んでいる途中にスクロールさせてしまうと視点を見失ってしまう。
これがかなりのストレスで、無駄に時間もかかってしまい最悪だった。

長年愛用しているマウスはクリック感のあるスクロールホイールで、一滑り三行~五行くらいスクロールしてくれると感覚的に都合が良い。
クリック感の無い無段滑りタイプのマウスはまた違った感覚になるのだろうとは思うが。

SmoothScroll をインストールし、自分好みに少し調整してみる。

Stride size per scroll in pixel [200] Default value: 95
一度にスクロールする量(高さ)をデフォルトの 95 から 200 に増やす。
これでざっくりと好みの移動量に設定する。
基本的には、この数値を調整するだけでいい。

Animation time in milliseconds [400] Default value: 400
これはスクロールにかける時間、だと思う。
スクロール量をだいぶ増やしたので、時間もデフォルトから 50% ほど増やしてみた……けど、やっぱりトロくさいだけなので 400 にした。
サクサクっとスクロールさせたい場合は下げて、ニュルニュルっとさせたい場合は上げるといい。
同じく、Pulse Scale でも調整できるみたいだけど。

Frames per second [60] Default value: 50
これがフレームレートで、スクロールの描画の滑らかさに影響する。
モロに CPU性能を食うので上げ過ぎないように、と 60 に設定した。
ヘボPC やノートPC で無駄な処理をさせたくない場合は下げるといい。

これにて Chrome でも長文読みが可能となった。

フォルダーサイズを表示したい 「Folder Size」

ファイルやフォルダーの整理をしていると、「フォルダーのサイズが分かればなあ……」と思うことしばしば。
サイズが知りたいフォルダーを、[右クリック]>[プロパティ]でサイズの確認はできるものの、一覧で見られるわけでもなく、2アクション+1が必要となり面倒。

Windows標準のファイラーであるエクスプローラーを捨てて、他の多機能ファイラーに乗り換えるという根本的手段もあるのだが、やはり使い慣れたエクスプローラーでやれるに越したことはない。

それを実現するのが、Folder Sizeどーん。
まあこれは定番物で。

窓の杜 - Folder Size
GIGAZINEはTBを受け付けてくれないのでサヨウナラ……
と、各所で紹介されており。

気になる点は、大量のファイルが放り込まれているフォルダーのサイズを確認する場合、プロパティでの確認時と同様にHDDをガリガリ……と。
その点だけを注意すれば、かなり有用なエクスプローラー拡張で。

それと、ファイル数の表示なんかも可能で、これも便利。
子孫ファイル」って……

エクスプローラーネタついでに1つTipsを。

エクスプローラーの「詳細」表示で、[名前]や[更新日時]なんかをポチると、ソートが可能なのはまあ当然ながら、その表示幅ももちろん可変であり、[| 名前 | サイズ |]なんかの仕切り縦棒をD&Dして調整する。
――で、そのD&D調整よりも、縦棒をWクリックすれば上手いこと可能最小幅でジャストフィットしやがる。
これを知っておくと、A型の人はスッキリ。

Paper Size 透けぇる

A判、B判、F判の各サイズの比較・確認ができるFlashプチツール。
名付けて、「ぺーぱーさいずすけーる!」
透かして重ねてサイズ比較がしたかったので、「透けぇる」っと……

paper size scale sub-image

実際のmm数と画面上のpx数を1/10(1mm=0.1px)で表示していたが、ウェブ用にさらに1/2(1mm=0.05px)に縮小。
切りのいい表示にしているからといって、これがそのまま実際の紙サイズの目安にできるわけではない。
我々の使っているモニター画面は、1px(1ドット)が1mm以下なので。

このFlash内で実際のサイズの目安となるのが右下にある◎(丸)で、これはCDの大きさ直径12cmの円となっている。

A判、B判、F判それぞれに色がついていて、それと同じ色の●をポチると、なにやら無駄な動きとともに90度傾けられる。
あとは適当にD&Dしたり。
説明終り。

紙をバラバラに表示したり、実際に落書きできたり、CD以外にももっといろいろ対比物を増やしたり、カラーチャート機能とか、やりたいことは沢山あるのだが、時間とモチベーションが……

Firefox3.0.8をインストールする

なにを今更……という感じではあるが、Firefox 3へのアップデートを実行した。
既にサポートが打ち切られているFx2をここまで使い続けるというのは、我ながらにいささか問題であり、2008年のうちにFx3へアップデートしておくのが正しい大人の行動といえる。

で、ここまで引っ張るとニューバージョンであるはずのFx3であっても、それなりに完成された状態から使い始められるという爽快感がある。
Fxではアドオンで自分好みにカスタマイズできるというのが大きな利点であるが、こうしたメジャーアップデートに関しては、アドオンの追従が足枷になることが多い。
ギリギリまで旧バージョンを使い続けた背景には、こうした思惑もあってのこと。

ほかにも、こうして新たなウェブアプリケーションであるSoyCMSなどを使い始めると、その動作や対応に合わせた今の時代の環境を当てはめていく必要性に迫られる。
……というか、ちょっとJavaScriptの動作がやばいなと、重いなと、その後にChromeなんかで開き直したときのキビキビ感をみるに、いいかげん潮時だなと。

まだFx3をインストールしたばかりなので、細かい使い勝手の部分なんかはこれからじっくり楽しみながら吟味していこうかなと。

アドオン、Internoteが未対応でdisableに。
これは痛い。

確認しておきたいメモがいくつかあったので、データサルベージ開始。
C:\Documents and Settings\~\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\~\chrome\stickies
発見。

これがあるからアップデートは手放しで喜べないもの。