カタカナ用語での長音表記「ー」の使い方

エントリーにて、「フォルダーサイズを――」というタイトルを書いていて、ふと思った。

「フォルダー」
「フォルダ」

「エントリー」
「エントリ」

さて、どっち。

個人的には、長音省略のほうがしっくりくる
今でいう「パソコン」を「マイコン」と呼んでいた古い時代からのコンピューターユーザーだからというのもあるし、根っからの理系脳だからというのもある。

理工系では当たり前に省略されてきた長音表記なのだが、コンピューターがここまで一般に普及していくと、その狭い世界でのルールというのも一段下げて平らにならさざるをえないのだろう。

マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について
これまでマイクロソフトでは~~「2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は(長音符号を)省くことを “原則” とする」~~今後は、より自然な発音に近い表記を採用します。
今後弊社が採用する長音表記ルールは~~英語由来のカタカナ用語において、言語の末尾が–er、-or、-ar などで終わる場合に長音表記を付けることを推奨しています。

このマイクロソフトの指針発表が大きなきっかけになったことは間違いない。
英語教育の観点からも、カタカナ表記の正確性というのは重要視されるべきだろう――と、英語が全くできない自分がいうのもアレなのだが。

Impressの記事でも、

「フォルダ」が「フォルダー」に、マイクロソフトが長音表記を変更
マイクロソフト、外来語カタカナ用語末尾の長音表記を変更へ

こんな感じで取り上げられつつ、

今回の表記変更により、「コンピュータ」は「コンピューター」に、「プリンタ」は「プリンター」に、、「フォルダ」は「フォルダー」に変更される。なお、「ソフトウェア」「スケジューラ」「プロセッサ」などは慣例に基づいて長音表記はつかない

とあるが、intelのウェブサイトでは、その慣例なんぞガン無視
もはや長音表記省略など古風な表現だとでもいわんばかりの長音付きまくり
最先端テクノロジーを提供する会社としての在り方というか――社風というか、この潔さはさすがだなと感じさせられる。

こう書いていると、権威主義・迎合的な話のように思えるが決してそんなことはなく、むしろ自分なんかはインデペンデントそのものな体質なわけで……がしかし、カタカナ用語を使う度にいちいち長音のことについて悩み無駄な時間をつかうのは嫌なのだ。

IBMNECは逆に歴史を重んじるというか――引きずっていそうなイメージがあるのだが、ちょっと調べてみると……
IBMは意外にもintelと同じく慣例なども無視で長音付き。
そして……NECは…………
日本企業の埃臭さここに極まる、か。
削れる長音は全て削ってしまえ、と。

ウェブサイトの構成上の問題もあるだろうし、海外の企業は英語版などの本稿から翻訳する形で日本語版サイトを管理しているだろうから、必然的に丁寧な仕事となるのは当然か。
それにしてもだ、NECって……

NECだけを槍玉にあげるのもアレなんで、Panasonic(松下)とSONYも確認。
まあどちらも似たり寄ったりで、NECよりは若干ましかなという程度……

そんなことより、日本のエレクトロニクス大企業のウェブサイトのダメっぷりは酷いもんだ……
こうしてあらためてじっくりと眺めてみることなんて滅多にないのだけれど、そのボリューム感はたっぷりしたものがあるのだが、とにかくデザインが○○なのと、サイトの構造からして○○○すぎる。
テキストの推敲不足は仕方ないにせよ、メニュー構造くらいはなんとかしましょうよ……

なんだかなあ……