解像度統計調査~ウェブサイト制作における想定解像度設定基準

ブルーレイや地デジなど高解像度環境が一般的になった今、PC環境においてはどういった傾向にあるのかを少し調査しておく。
これまでウェブサイト制作では、1024 を目安にしてきた。
そろそろこの基準を見直す時期にきているはずだろう。

2009.12
1280×1024 23.9%
1024×768 21.5%
1280×800 14.9%
1440×900 7.3%
1680×1050 5.4%
1024×600 5.0%

約一年前の段階でも解像度 1024 以上は 100% に近いカバー率となっていた。
解像度 1280 以上でみても既に 50% を超えている。
しかし、ワイド環境は 30% 前後で、まだこれからといった感じ。

2010.9
1280×1024 16.2% -7.7
1920×1080 13.8%
1440×900 10.9% +3.6
1280×800 10.3% -4.6
1024×768 8.6% -12.9
1680×1050 8.2% +2.8
1366×768 6.3%
1920×1200 5.8%

夏のボーナス商戦から夏休みを経て9月。
これまで主流だった 12801024 の 4:3 モニターから買い替えで、ハイビジョン対応の高解像度へ一気にシフトしているのが分かる。
ノートPCでもこの高解像度に対応するモデルが増えたのも一因だろう。
ワイド環境は逆転して70%を超えるシェアになった。

2011.1
1920×1080 19.7% +5.9
1024×768 12.5%
1280×1024 12.5%
1920×1200 11.1% +5.3
1280×800 7.9%
1366×768 6.9%
1680×1050 6.5%

年末・初売り商戦を経て直ぐの1月。
まだ1月2週なのでサンプル数不足ではあるものの、解像度 1920 のハイビジョン対応モニターがシェア 30% を超えている
店頭で2万円を切る価格の商品もあり、買い替え需要ではほぼ確実にそれらハイビジョン対応モニターが選ばれているだろう。

ここで、ウェブサイト制作における想定解像度の基準を考えてみると、将来的には 1920 が目安になっていくはずだ。
しかし、まだ半数はそれ以下の解像度が残っているわけで、ボーダーラインを設定するとなれば 1280 になる。
ワイドモニター環境では、左右にガジェットを配置したり、複数ウィンドウの配置や、ブラウザ内でも左右にリスト表示などが普通になってきているから、それらを踏まえても 1280 という基準がしばらくの間は妥当なラインといえる。




タイトル :
名前 : URL :
お手数ですが下記入力項目に「トリプリ」と入力してからの投稿をお願いします。