突撃!アーミーマン 史上最小の作戦

ゲーム機では稀少な RTS
★★★★★ ★★★☆☆

家庭用ゲーム機では珍しい RTS を探し求めてやっと手に入れたのがコレ。

やはりゲーム機のコントローラーでは PC でのマウス操作のようにはいかず、それをどう上手くまとめてあるか。
PC では当たり前のマウスのようなポインティングデバイスは俯瞰的操作が得意で、ゲーム用コントローラーは主観的操作を得意とする。
RTS は大量のユニットを使った俯瞰的操作が主なので、ゲーム機に最適化するとなれば部隊数を少なめにしたヒーローユニット主体の RTS らしくないゲームシステムになっているだろうと予想していたが、ちょうどいい塩梅で強すぎない初期配置のヒーローユニットと、量産(といっても大量ではない)できる一般ユニット、忙しくなりすぎない建造と資源採取、苦しいながらも上手くまとめてあった。

しかし、ユニットをグループ化して部隊数を増やし高度な戦略を組み立てるような奥深いゲーム性は実現できていないと思う。
やれても 2~3グループを操作するのがやっとで、それをやらなくても 1グループのみで押し切れるようなマップがほとんどだった。

兵種もそれなりに揃っているのだが、それらを個別コントロールするのはまず不可能で、ある程度の兵種を混ぜた状態でグループ化しまとめて動かすような簡易的戦略となる。
使い分けるとすれば、耐久力のある戦車を別グループ化して前線投入しながら、後続で歩兵グループを随伴させるような戦略をとり続けた。

コミカルなキャラクターとストーリーでテンポ良くキャンペーン・シナリオを楽しめる。
難易度も程良く徐々に上がっていき、丁寧なつくりとバランスの良さ、全体の雰囲気も良く完成度が高かった。

ゴッド・オブ・ウォー

美麗アクションゲーム。
★★★★★ ★★☆☆☆
CAPCOM:ゴッド・オブ・ウォー 公式ポータルサイト

PS2 では最高峰のグラフィックスと演出
戦闘アクション部分は低難易度だが(ゴッドモードだと高難易度)、障害物アクション部分はかなり苦戦した。心折れかけること数回。
特に、細い棒のような上を綱渡り状態で移動し、回転する刃を避けつつ急ぎつつのステージは本当にいらついた。
それと、回転する柱に刃がついた柱登りもいらついた。
戦闘アクション部分が大味で温いだけに、いきなり高難易度の繊細なトラップがくると心が折れやすい。
ストーリー部分はあってないようなもので、ひたすら突き進むだけでクリアできてしまう。
その代わりに演出と雰囲気でグイグイ引っ張り込む力は凄いものがある。

ゴッド・オブ・ウォー
ゴッド・オブ・ウォー
posted with amazlet at 10.11.14
カプコン (2005-11-17)
ゴッド・オブ・ウォー カプコレ
カプコン (2006-09-28)
ゴッド・オブ・ウォー Best Price
カプコン (2007-09-06)

 

 


 

 

ゴッド・オブ・ウォー III【CEROレーティング「Z」】
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-03-25)

 

ゴッド・オブ・ウォー トリロジー【CEROレーティング「Z」】
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-03-25)

 


 

 

ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-11-11)