BLACK

PS2 最高峰の FPS
★★★★★ ★★★☆☆
EA:SY! 1980 BLACK. EAオフィシャルサイト
PV YouTube Playing YouTube

FPS というのは臨場感や雰囲気が全てといってもいい。
その完成度が高いこの BLACK はその時点でまず FPS として合格しており正解でもある。
次に操作性やゲーム性、ストーリーやボリューム、難易度など、いわゆる遊びとしての価値観が決まる。
そこは好みもあるしプレイヤーの腕も影響し、万人受けとなれば丸く平坦なゲーム性になってしまうし、コア受けならば鋭角に人を選ぶゲーム性となる。
このゲームはどちらかというとコア向けになるのかもしれないが、日本では FPS というジャンル自体がその傾向に受け取られてしまうため、FPS 慣れしたユーザーからすればこのゲームはじゅうぶん一般向けでありキャッチーだとも感じる。

PS2 最高峰のグラフィックスであることは間違いなく、演出面でのサウンドや迫力も素晴らしいものがある。
ただストーリー部分は希薄というか、やはりただ突き進むしかない、倒しまくるしかないというアクション・シューティング系のゲームではありがちの淡白さだ。
逆にいうと余計なパズル要素や謎解きなどは必要なく、ただひたすら敵との戦いに没頭できるという捉え方もできるわけだ。

不満に感じたのは、チェックポイントの少なさ
途中セーブはもちろん無理で、ステージクリアしなければセーブはできない
ステージ途中でのチェックポイントも少ないので、死ねば結構な巻き戻りを食らうことが多い。
つまりは、戦場で、死ぬな、と。
そういう意味では緊張感が半端ないレベルで楽しめるわけで、特に初回プレイでの手に汗握る攻防は凄まじい。

後半ステージで苦労し始めるのが、敵のRPGやショットガンや盾だろう。
正直いってこれはストレスでしかない場面もあり、死ぬとすればきっとこいつらに……。
あと敵のスナイパーも早く見つけられないとかなり手こずる。

ふと気付いたのが、このゲームでは敵車両や戦車やヘリや飛行機などはほぼ存在しない
つまり敵の盾やショットガンが戦車のような存在になっていると感じる。
RPGは固定砲台や攻撃ヘリ的な存在に近い。
それぐらい理不尽に強い……。

自分は初回プレイで Normal からやって無事クリアできた。
不慣れなうちは 3D酔いしながら必死に頑張って……その程度の腕の自分でもなんとかなった。
なので腕によほど自信が無いのでなければ、Normal からのスタートを推奨する。
逆に Hard は尋常ではない難易度になる。
AIM や敵の出現ポイントなど、高レベルで習得しなければクリアは難しい。
そんな自分はクリアしていない……。
もともと同じゲームを何周もやるタイプではないというのもある。

今なら 1500円前後で手軽に入手可能なので、是非この緊張感と爽快感を味わってほしいと思う。

もし続編がでるのなら……さらに凶悪な戦車やヘリなどとドンパチやる……そんな妄想をしてしまう。

EA:SY! 1980 BLACK
EA:SY! 1980 BLACK
posted with amazlet at 10.12.12
エレクトロニック・アーツ (2008-02-28)

EA BEST HITS BLACK BLACK

突撃!アーミーマン 史上最小の作戦

ゲーム機では稀少な RTS
★★★★★ ★★★☆☆

家庭用ゲーム機では珍しい RTS を探し求めてやっと手に入れたのがコレ。

やはりゲーム機のコントローラーでは PC でのマウス操作のようにはいかず、それをどう上手くまとめてあるか。
PC では当たり前のマウスのようなポインティングデバイスは俯瞰的操作が得意で、ゲーム用コントローラーは主観的操作を得意とする。
RTS は大量のユニットを使った俯瞰的操作が主なので、ゲーム機に最適化するとなれば部隊数を少なめにしたヒーローユニット主体の RTS らしくないゲームシステムになっているだろうと予想していたが、ちょうどいい塩梅で強すぎない初期配置のヒーローユニットと、量産(といっても大量ではない)できる一般ユニット、忙しくなりすぎない建造と資源採取、苦しいながらも上手くまとめてあった。

しかし、ユニットをグループ化して部隊数を増やし高度な戦略を組み立てるような奥深いゲーム性は実現できていないと思う。
やれても 2~3グループを操作するのがやっとで、それをやらなくても 1グループのみで押し切れるようなマップがほとんどだった。

兵種もそれなりに揃っているのだが、それらを個別コントロールするのはまず不可能で、ある程度の兵種を混ぜた状態でグループ化しまとめて動かすような簡易的戦略となる。
使い分けるとすれば、耐久力のある戦車を別グループ化して前線投入しながら、後続で歩兵グループを随伴させるような戦略をとり続けた。

コミカルなキャラクターとストーリーでテンポ良くキャンペーン・シナリオを楽しめる。
難易度も程良く徐々に上がっていき、丁寧なつくりとバランスの良さ、全体の雰囲気も良く完成度が高かった。

ゴッド・オブ・ウォー

美麗アクションゲーム。
★★★★★ ★★☆☆☆
CAPCOM:ゴッド・オブ・ウォー 公式ポータルサイト

PS2 では最高峰のグラフィックスと演出
戦闘アクション部分は低難易度だが(ゴッドモードだと高難易度)、障害物アクション部分はかなり苦戦した。心折れかけること数回。
特に、細い棒のような上を綱渡り状態で移動し、回転する刃を避けつつ急ぎつつのステージは本当にいらついた。
それと、回転する柱に刃がついた柱登りもいらついた。
戦闘アクション部分が大味で温いだけに、いきなり高難易度の繊細なトラップがくると心が折れやすい。
ストーリー部分はあってないようなもので、ひたすら突き進むだけでクリアできてしまう。
その代わりに演出と雰囲気でグイグイ引っ張り込む力は凄いものがある。

ゴッド・オブ・ウォー
ゴッド・オブ・ウォー
posted with amazlet at 10.11.14
カプコン (2005-11-17)
ゴッド・オブ・ウォー カプコレ
カプコン (2006-09-28)
ゴッド・オブ・ウォー Best Price
カプコン (2007-09-06)

 

 


 

 

ゴッド・オブ・ウォー III【CEROレーティング「Z」】
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-03-25)

 

ゴッド・オブ・ウォー トリロジー【CEROレーティング「Z」】
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-03-25)

 


 

 

ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2010-11-11)

Gravity Master

思考・直感・運が試されるフリーウェブゲーム。
Gravity Master http://www.gravitymaster.net/
★★★★★ ★★★☆☆

まずはスコアーよりも全24ステージクリアを目指す。
途中、「こんなの無理でしょ絶対……」のようなデザインもでてくるが、なんとかなってしまうのが面白い。
久々に没頭し一気クリアしてしまった。

ゲームボーイウォーズ SP.10 オニギリジマ 勝19日

左右対称系の離島マップ。

小マップの島を3マスの海峡で分断した形なので、最終的には空軍で進軍するしかない。
とは言ってもこの海峡に面するよう都市が配置されているので、海峡を越える砲撃戦が可能となる。
序盤は戦闘機Bで敵ヘリ部隊を掃除しながら、戦闘ヘリで敵地上部隊を牽制する。
中盤、海峡際に自走砲や砲台を配置し、砲撃が始まる頃には形勢も優位になりつつある。
砲撃可能エリアへ重ねるように輸送ヘリで戦闘工兵を落とす。
終盤、対空戦車だけが厄介な相手になるのだが工場は2ヶ所だけなので爆撃機で押し切ってしまえば終了。

さて次は「タチツテトウ」か。

ゲームボーイウォーズ
任天堂 (1991-05-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5 「戦場」へ行こう。
5 ハマる!!
5 やっぱり「任天堂ブランド」は親切でバランスがイイ!
4 昔のだけど