文学賞メッタ斬り! 2008年版 たいへんよくできました編

大森望 豊崎由美 
★★★★★ ★★★☆☆

まず、文学賞~受賞本データベースとして、それら全ての書評リストとして、利用価値が高い。
そこから興味をもった本を読んでみるもよし、読んだ本については自分の評価とこの本で語られてる評価などを突き合わせてみるのも面白い。

そして、メッタ斬り本編ではないのかもしれないが、芥川賞・直木賞~受賞作家である二人を交えてのトークショーがかなり面白い。
芥川賞・大江賞~受賞作家である長嶋有さんは、パソコン通信時代からのいわゆるPC世代な人で、そこからはじまる作家の卵時代~新人賞~芥川賞~大江賞と、裏話を織りまぜながら、暗黒面へ堕ちていくまでを……。
直木賞~受賞作家である石田衣良さんは、裏の裏話をざっくばらんに、そんなことまで言って平気なの?っていうくらいズバズバと気持よく語る。
いかにも「売れっ子作家!」的な役割を意識して?サービス精神旺盛なトークスタイルにあえて挑むかっこよさ。
最後に全四氏で、選考会裏話、純文vsエンタメ系、やっとまともな執筆話、次回トークショーゲスト選考会で締めと。

文学賞メッタ斬り!

文学賞メッタ斬り!〈2007年版〉受賞作はありません編 文学賞メッタ斬り!リターンズ 文学賞メッタ斬り!

ここがウィネトカなら、きみはジュディ

大森望 編 
★★★★★ ★★☆☆☆

大好物の時間SFアンソロジー。
「編者あとがき」でも語られている、「タイム・トラベラー―時間SFコレクション (新潮文庫) 」が自分にとって時間SF好きのはじまりであり、SF小説を読むこと自体も、短編好きやアンソロジー好きも、全てはそこからはじまったように思う。
それと映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が決定打になり、「スター・トレック 」などにどっぷりと……。

  • 商人と錬金術師の門 テッド・チャン 大森望 訳 ★★★★★ ★★★☆☆
  • 限りなき夏 古沢嘉通 訳 ★★★★☆ ☆☆☆☆☆
  • 彼らの生涯の最愛の時
  • 去りにし日々の光
  • 時の鳥
  • 世界の終わりを見にいったとき
  • 昨日は月曜日だった
  • 旅人の憩い
  • いまひとたびの
  • 12:01 PM
  • しばし天の祝福より遠ざかり……
  • 夕方、はやく
  • ここがウィネトカなら、きみはジュディ
  • 編者あとがき――タイム・トラベラーの帰還
ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)
テッド・チャン クリストファー・プリースト リチャード・A・ルポフ ソムトウ・スチャリトクル F・M・バズビイ イアン・ワトスン ロベルト・クアリア ボブ・ショウ ジョージ・アレック・エフィンジャー ロバート・シルヴァーバーグ シオドア・スタージョン デイヴィッド・I・マッスン H・ビーム・パイパー
早川書房

ワイオミング生まれの宇宙飛行士 宇宙開発SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー) スティーヴ・フィーヴァー ポストヒューマンSF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)

不思議の扉  時をかける恋 (角川文庫) 不思議の扉  時間がいっぱい (角川文庫)

タイム・トラベラー―時間SFコレクション (新潮文庫)

90億の神の御名 ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 2

アーサー・C・クラーク 中村融 編 浅倉久志・他 訳

2010年の終わりに、アーサー・C・クラークをゆっくりと読んでみる。

  • 前哨 "The Sentinel" 1951 小隅黎(コズミレイ) 訳 ★★★★★ ★★☆☆☆
    あの「2001年宇宙の旅」の原型となった短編。シンプルが故に分かりやすく、「2001年宇宙の旅」を理解するためにも読んでおく価値がある。
  • 月面の休暇
  • おお地球よ……
  • 時間がいっぱい
  • 90億の神の御名
  • 木星第五衛星
  • 夜明けの出会い
  • 海底牧場
  • 密航者
  • 月に賭ける
  • 究極の旋律
  • 天の向こう側
  • 遙かなる地球の歌
  • 幽霊宇宙服
  • エッセイ ベツレヘムの星
  • アーサー・C・クラーク年譜(1961~1980)牧眞司編
  • 解説 中村融

太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1) (ハヤカワ文庫SF) メデューサとの出会い (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 3) (ハヤカワ文庫SF) (文庫)

へうげもの

山田芳裕 
★★★★★ ★★★★☆

歴史物にはほとんど興味がなかった自分も大ハマリの芸術漫画

  1. ★★★★★ ★★★★☆ 本音なら 撤回するな
    人は皆己にないものをほしがる
     そしてより多くの人を動かすには……
      欲しがるものを与えるしかない
  2. ★★★★★ ★★★★★ それがしのロクロ捌きで 極楽へとお連れ致そう
    高麗丸形香合
     銘を「糞柿」
    貢ぐ対象がみすぼらしくて喜ぶ者がいると思うか?
  3. ★★★★★ ★★★★☆ 華は咲き乱れるのではなく………… 一輪あらばよろしいのです
  4. ★★★★★ ★★★☆☆ 下の句など蛇足……
  5. ★★★★★ ★★★☆☆ こ……これは塩!!!
    家の先行きが怖くて わび数奇が極められようか!
  6. ★★★★★ ★★★★☆ 過ぎたるはなお及ばざるが如し
    寒い……
    真に欲しい物は己で創るしかないのか……
  7. ★★★★★ ★★★★☆ 踊れ
    報復上等!
  8. ★★★★★ ☆☆☆☆☆
  9. ★★★★★ ☆☆☆☆☆
  10. ★★★★★ ☆☆☆☆☆

へうげもの official blog
度胸星
デカスロン

へうげもの(2) (モーニングKC (1512)) へうげもの(3) (モーニングKC (1545)) へうげもの(4) (モーニングKC) へうげもの(5) (モーニングKC) へうげもの(6) (モーニングKC) へうげもの(7) (モーニングKC) へうげもの(8) (モーニングKC) へうげもの(9) (モーニングKC) へうげもの(10) (モーニングKC)

へうげもの(11) (モーニングKC)
山田 芳裕
講談社 (2010-07-23)

グラックの卵

ハーヴェイ・ジェイコブズ 他 浅倉久志
★★★★★ ★★☆☆☆

短編・SF好きには嬉しすぎる一冊。

  • 見よ、かの巨鳥を! ネルスン・ボンド ★★★★★ ★★★☆☆
  • ギャラハー・プラス ヘンリー・カットナー
  • スーパーマンはつらい シオドア・コグスウェル
  • モーニエル・マサウェイの発見 ウィリアム・テン
  • ガムドロップ・キング ウィル・スタントン
  • ただいま追跡中 ロン・グーラート
  • マスタースンと社員たち ジョン・スラデック
  • バーボン湖 ジョン・ノボヴォトニイ
  • グラックの卵 ハーヴェイ・ジェイコブズ
  • 編者あとがき
グラックの卵 (未来の文学)
ハーヴェイ ジェイコブズ
国書刊行会
おすすめ度の平均: 4.0
4 大ボラSF
4 値は張りますが、ファン垂涎のマニアックな作品集