文学賞メッタ斬り! 2008年版 たいへんよくできました編

大森望 豊崎由美 
★★★★★ ★★★☆☆

まず、文学賞~受賞本データベースとして、それら全ての書評リストとして、利用価値が高い。
そこから興味をもった本を読んでみるもよし、読んだ本については自分の評価とこの本で語られてる評価などを突き合わせてみるのも面白い。

そして、メッタ斬り本編ではないのかもしれないが、芥川賞・直木賞~受賞作家である二人を交えてのトークショーがかなり面白い。
芥川賞・大江賞~受賞作家である長嶋有さんは、パソコン通信時代からのいわゆるPC世代な人で、そこからはじまる作家の卵時代~新人賞~芥川賞~大江賞と、裏話を織りまぜながら、暗黒面へ堕ちていくまでを……。
直木賞~受賞作家である石田衣良さんは、裏の裏話をざっくばらんに、そんなことまで言って平気なの?っていうくらいズバズバと気持よく語る。
いかにも「売れっ子作家!」的な役割を意識して?サービス精神旺盛なトークスタイルにあえて挑むかっこよさ。
最後に全四氏で、選考会裏話、純文vsエンタメ系、やっとまともな執筆話、次回トークショーゲスト選考会で締めと。

文学賞メッタ斬り!

文学賞メッタ斬り!〈2007年版〉受賞作はありません編 文学賞メッタ斬り!リターンズ 文学賞メッタ斬り!

タイトル :
名前 : URL :
お手数ですが下記入力項目に「トリプリ」と入力してからの投稿をお願いします。