F1 2009 Rd08 イギリスGP 「FIA vs FOTA F1は誰のため誰のもの」

FIA と FOTA が決裂。
そして、F1 は分裂する……。
分裂とはいっても、実際に車を造り走らせているのはチーム側の FOTA であり、FIA はそれをまとめ運営管理するだけの存在。
まとめ役がまとめる力を失えば、ただのお荷物でしかない。

世界有数の自動車関連大企業が参戦し――チーム運営をし、同じく――スポンサーが関わるまでになった F1 を、トップダウンで管理しようというのはもう限界点に到達したのだろう。

ファンの立場からしても、FIA が好きで F1 を観るなどという者は当然皆無であり、「とにかく車が好きだ」「愛車のメーカー・チームを応援」「母国籍のチーム・ドライバーを応援」「最高峰のフォーミュラカーレースを観たい」「祭りだ」と理由はいくらでもあるのだろうが、FIA に期待するものは影なる上手い指揮であり、でしゃばるヘタクソな歌ではない。

とはいっても、参戦チームの力が大きくなればなるほど何らかの中立な管理運営体制が必要なのも事実であって、それを FIA がこなせていればよかったのだが、んんん……。

ファンなくしてレースは存在できない。
F1 はファンのため――そして、車を乗る全ての人たちのものであるべきだ。

ついに、バトン1位予想を解禁。
これでもしバトンが負けるようなことがあれば、今までのバトン快進撃は、バトンハズシを貫いてきた俺のおかげということに……。

1. バトン 1.3倍
4. ウェバ 4.4倍
8. アロ 4.1倍
ライ子 14.5倍
ライ子 5.2倍
カヅキ 5.1倍
ベッテ 17.1倍
ツルリ 5.9倍
ロズベ 8.4倍

1. バトン 1.3倍

4. 抹茶
7.2倍

8. クビカ 21.5倍

なんとしても後半戦の前に当てる感触がほしい。
過去を振り返っても、ここまで外し続けたことはない……。

4,8位当ては正直運がものをいうだろう。
外し続けているからといっても、予想の方向性は変えない。
フェラーリの復調は絶対アリだと考えているので、3列目はフェラ・抹茶にした。
ブラG・赤牛・トヨタ・フェラ・ウィリ、こんなかんじの並びで、赤牛以下の3列目からは横並び感が強く調子次第といったところ。
よくよく考えてみると、上位勢にリタイアやトラブルが少なかったせいもあって、5台に1台は消えるという想定の中穴狙いが外れる要因だったかもしれない。


Friday Practice 1

相変わらず赤牛は威勢がいいな。
ベッテルが最速! レッドブルが1-2でバトンは3番手スタート F1-Live.com


Friday Practice 2

相変わらずFPは参考にならんな。
再びレッドブルが1-2! 4番手中嶋 F1-Live.com


<土曜20日::フリー> 18:00~
<土曜20日::予選> 21:00~(tv25:35~)ゲスト古田敦也
フルヤン!


Qualifying

ったく……FPが参考になりまくり……。
で、やっぱり俺は貧乏神だったのか……。
裏目、裏目へと……。

Q2の並びでも確認しとくか……。
1.ベッテ 1:18.119 @
2.ウェバ 1:18.209
3.ツルリ 1:18.240
4.バリ禿 1:18.335 @
5.ライ子 1:18.566
6.カズキ 1:18.575
7.ロズベ 1:18.591
8.バトン 1:18.663 @
9.アロ糞 1:18.761
まず、バトン1位予想はハズレるだろう……。
4位抹茶もたぶん無理……。
8位クビカも厳しい……。
なにやってんだ俺は。

赤牛は速さがあるけれどタイヤを酷使していた。
その逆に、ブラGは完璧なバランスによって柔軟性のある戦略で勝ちまくってきた。
あらためて再考してみると、このシルバーストーンサーキットは温度が低いわけだから、タイヤに苦労してきた赤牛にとっては好材料。
でまた逆に、ブラGはタイヤに熱が入らずグリップ不足感があり――あのバトンの結果とコメントか。
空力重視だと思われる赤牛とトヨタが上にくるのは予想していた。
ウィリも多分同様なのだろう。
ベッテとツルリは上にくるだろうと予想していたが、ブラGのバリ・バトンが逆転してここまで差が開くとは思いもしなかった。
同じくウィリのカズキ・ロズベが逆転しているというのも同じような意味合いがあるのかもしれない。

んんん……、雨に期待しよう。

ベッテルがポール奪取! 中嶋が自己最高位5番手! F1-Live.com
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/britain/0620/result05.html


<日曜21日::決勝> 21:00~(tv23:15~)ゲスト古田敦也
あ゙め゙ま゙ぁ




Race

俺の今季初ポイントきたー!!
自分を曲げずに1位ベッテでいくべきだったか……。
でも、俺の貧乏神パワーが炸裂したおかげの勝利(ハズレ)だなこれ。
これをきっかけに後半戦へ向けてガッツガツ当たりそうな気がしてくるから不思議。

いよいよブラGの限界が見えてきたのか――Honda貯金が残り少なくなってきたのか――そして赤牛にどれだけの伸び代があるのか――面白くなってきやがった。
とはいえ、これまでにバトンが稼いだマイレージは膨大で、赤牛ワンツー・赤牛連勝を同じくやらねば追いつくことすら難しい。
追う側は強さで勝ち取るしかないのだが、逃げる側は上手くコントロールしながら8~9割の力でセーフティに仕上げることも可能だから。

他に気になったのは KERS組の動向で、フェラだけが搭載継続だったらしいのだが、枕と BMW はもう見る影もなく……。

分裂問題に関しては、F1(のようなもの)が消滅することはないだろうけれど、その存在価値を薄めていくことは間違いない。
より速く――よりパワフルに――という F1 の理念が捻じ曲げられすぎてしまった。
人類は、地を這う乗り物の開発臨界点に到達してしまったのだから。

ベッテルがポール・トゥ・ウイン! レッドブルが1-2、中嶋11位 F1-Live.com
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/britain/0621/result07.html

F1 2009 Rd07 トルコGP 「W杯サッカー最終予選 ウズベキスタンvs日本 もね」

いやぁー当たらねぇ。
もぉーダメだ。笑

で、Google がF1のスポンサーになるやも――とな。
その相手はもちろんブラウンGPになるんだろうな。
まあ、どうでもいいんだけど。
メルセデスもブラGマシンにベンツマークを刻みたいだろう。
ついでにマクラーレンはホンダエンジン搭載でブルーノ・セナを……。(って、もうエンジン時代は終わったけどね……だからHondaは撤退の決断ができたんだ)
赤牛コークにはマジコーク混じりで販売禁止とな。笑

さて、当たらない予想でもやっとくか……。
気分良く――流れ良く後半戦に挑むため、1ポイントでも取っておきたい……取ってみたい……自信をつけたい……。

今回は、1,3,5位当てで、反時計回りのサーキット。
前戦モナコGPの低速サーキットに合わなかったチームも(トヨタ……赤牛……)、またここで上がってくるだろうし、8コーナーの強Gに耐える若手の体力にも期待したい。

で、やはりブラGをどうみるかなのだが……もうここまできたらバトンは外す。
気になるのは、ハミとベッテの2人。
どちらかといえば、ベッテを応援したい。

なにげに、めちゃくちゃ頑張ってるロズベに表彰台を――。

上昇傾向にあるフェラが2,3列目に――ってことで、5位ライ子

1. バトン 1.6倍 3. マッサ 3.8倍 5. アロ
6.7倍
ライ子
7.5倍 ライ子 4.5倍 ライ子 7.5倍
マッサ 7.7倍 バリ 4.6倍 ウェバ 7.6倍
1. ベッテ 34.1倍 3. ロズベ 288.2倍 5. ライ子 7.5倍

で、こんな感じに。
まず、ロズベ3位予想がこんなに高倍率だとは意外。
あと、ライ子が全位で2番人気という高人気っぷり。
バトン1位は鉄板になってしまったので、予想としては全く面白くない。
でもなんでチームメイトのバリが2,3番人気にいないのかと。笑
2位が指定席だということなのか……。


Practice

ベッテさん、4ラップですか……。

ベッテルにエンジントラブル発生 F1-Live.com
2009年第7戦ドライバーコメント初日 F1-Live.com
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/turkey/0605/result02.html


<土曜6日::フリー> 17:00~18:00


Saturday Practice

抹茶め、やるじゃないか。
トヨタも定位置に戻った感じ。
あとはブラGがどこまで上げてくるかだなあ。

トップはトルコマイスターのマッサ! トヨタが2-3、中嶋4番手 F1-Live.com
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/turkey/0606/result03.html

<土曜6日::予選> 20:00~(tv25:35~)


Qualifying

まず先に、サッカー日本代表、祝、勝利、祝、W杯出場決定。
妙なイスラムジャッジによく耐え抜いた。
キーパー楢崎ナイス。
ほんと良い選手が揃って、良いチーム・強いチームになったなと、嬉しく、誇らしい。

で、F1はというと、やってくれたぜベッテさんよぉ。
まず間違いなく軽タンなんだろうけれども、ブラGを抑えられるのはベッテさんしかいない。
その仕事をきっちりやるところに器を感じる。
赤牛が走れるサーキットならばトヨタも走れるという構図も変わらず。

にしてもブラGの安定した強さには参る。
トヨタ&ツルリの1発はさすがの速さ(Q2で2位)があるものの、燃料を積む(Q3)と3列目ってのはなあ……どうしたもんか。

結局、タイヤに優しいブラGがレースペースを支配して、ピット2あたりで勝負を決めるって流れ。
もう見飽きた。

ベッテルがポール! ブラウンGPが2-3 F1-Live.com
トルコGP予選後のマシン重量 F1-Live.com
バトンよりも2周ほど早くピットに入るベッテル
2009年第7戦ドライバーコメント予選 F1-Live.com
トルコGP予選後の記者会見パート1 パート2 F1-Live.com
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/turkey/0606/result05.html


<日曜7日::決勝> 21:00~(tv23:50~)
ベッテのタイヤが……




Race

もう予想なんて止めちまおうか……。
これで俺がバトン1位を予想したとたんに、バトンは負けるんだろう。
ってことは、バトンの連勝は俺の一声で……。

苦し紛れに、上位2名が消えると1,3位が当たることになる。
勢力分布的な意味での予想はそれなりだが、ブラGバトンを外した穴狙い予想はダメだということ。

レース前、ベッテに注目し、ベッテのタイヤやピット戦略に注目し。
んんん、3ピット作戦か。
もし、ピット1までベッテがバトンの頭を抑え込めていたら、バトンのケツにはウェバがぴったりついていたかもしれない。
ベッテも2ピット作戦で行けたのかもしれない。

しかし、やはり……レースは一周目で決まってしまったんだ。
予選で勝負にでた赤牛ベッテは正解だったと思う。
今のブラGが逃げ始めるともう誰も追えない。

バトンが圧巻の4連勝! レッドブルが2-3、トヨタダブル入賞 F1-Live.com
2009年第7戦ドライバーコメント決勝 F1-Live.com
トルコGP決勝後の記者会見パート1 パート2 F1-Live.com
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/turkey/0607/result07.html

……なんだか、F1ってものの楽しみ方が分からなくなってきた。
ここまで勢力図がひっくり返ってしまうと、チームの歴史や蓄積された技術なんてものは全く無意味であるかのような……。
ドライバーの存在がマスコット化しているうえに、チームの存在感すら薄くなってしまえば、もう……。
FOTA 、KERS廃止を希望 F1-Live.com
KERS推進派のBMWもしぶしぶ受け入れる
ファンのことなんて最初から誰も考えてないんだろうな……。
来年もまた同じようなことになりそうなら、もうまじでF1に見切りつけるかもしれん……。
そうならないことを強く願う……。