F1 2009 Rd13 イタリアGP 「ジャンカルロ・不二子」

2005・2006年のルノー躍進とアロンソの優勝、その直ぐ側にいたのがジャンカルロ・不二子。
M・シューの引退、若手の台頭と世代交代、王者アロンソの移籍、その影に不二子。
2008年、不二子は新チームへ移籍し、遅過ぎると思われた一からのスタート。
そして今季2009年、そのケツ持ちチームで表彰台に這い上がり、まさかのフェラ椅子獲得。
イタリアでイタリア人がイタリア人の為に――。

印度がどこまでやれるものか……、予想難易度がまた上がってしまった。

1. ライ子 1.8倍 2. ライ子 4.2倍 3. ベッテ 5.8倍
ハミ 6.5倍 ベッテ 4.6倍 不二子 6.4倍
ベッテ 7.5倍 ハミ 4.9倍 ハミ 7.3倍
1. ハミ 2. ライ子 3. ベッテ

超高速サーキットだということで、印度もそれなりにやってくるだろうとは思うが、連続表彰台がそう簡単なものではないというのもあるし、不二子というドライバーの力もあってのことだったろうし、だが……。
今回は枕・ハミを上位予想にして、無難にフェラ・ライ子、赤牛・ベッテと流してみた。
――正直、さっぱり分からん。
KERS 有利のサーキットとはいえ、F1 全体が KERS 軽視の方向になってしまったので、スタートダッシュで1列稼ぎくらいの予想をするのが限界だろう。


Friday Practice 2

印度がちょうしこいてるな……。

スーティルが最速! ルノーが2-3 F1-Live.com


<土曜12日::フリー> 18:00~
<土曜12日::予選> 21:00~(tv25:35~)


Qualifying

Q2、バトン、ハミ、バリ、スー、リウ、ウェバ、±0.3
超接近戦を超える、超誤差戦の様相。
そこに印度の2台が絡むという……。
赤牛の Q2 0.5秒落ちと、Q3 1秒落ちの意味するところは、多少の低調と1ストップ作戦か。
エンジン在庫も厳しい状況で、この高速サーキットは半捨てレースか。
予想傾向としてはかなりの当たり気配があるのだが。

1. Lewis Hamilton, McLaren, 653.5kg
2. Adrian Sutil, Force India, 655
3. Kimi Raikkonen, Ferrari, 662
4. Heikki Kovalainen, McLaren, 683
5. Rubens Barrichello, Brawn GP, 688.5
6. Jenson Button, Brawn GP, 687
7. Vitantonio Liuzzi, Force India, 679.5
8. Fernando Alonso, Renault, 677.5
9. Sebastian Vettel, Red Bull, 682
10. Mark Webber, Red Bull, 683

うむむむむ……。

ハミルトンがポールポジション獲得! F1-Live.com
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/italy/0912/result05.html


<日曜13日::決勝> 21:00~(tv23:15~)

ひさびさ、痛恨の見逃し……




Race

ブラGがここまで復活するとは……。
メルセデスのブラG買いとこの復調快勝の連動は、全てが決まったことを意味するのか。
そこに、枕入りだと思っていたロズベがブラ・メルセデスへ――と。
枕でのハミ・ロズベという組み合わせより、ブラメルでのバトン・ロズベという組み合わせの方が世代を繋ぐ形としては自然だ。
新旧イケメンコンビとしても最高の絵になる。
残るアロはフェラ入りしかないだろう。
枕ハミとの古傷を考えると選択肢は限られてくる。

ブラウンGPが1-2、バリチェロが勝利! F1-Live.com
2009年第13戦ドライバーコメント決勝
イタリアGP決勝後の記者会見パート1 パート2
http://sports.yahoo.co.jp/f1/2009/italy/0913/result07.html




タイトル :
名前 : URL :
お手数ですが下記入力項目に「トリプリ」と入力してからの投稿をお願いします。